コラーゲンペプチドって何?その特徴やメリットは?

コラーゲンドリンクには、コラーゲンペプチドという成分が配合されているものが多いですね。
最近は基礎化粧品に配合されているのもコラーゲンペプチドが増えていますが、普通のコラーゲンとの違いは何なのでしょうか。

 

コラーゲンペプチドの特徴

 

コラーゲンペプチドは、ゼラチンを酵素で分解して分子量を小さくした、低分子コラーゲンのことをいいます。
もともとのコラーゲンはアミノ酸がつながっているため、分子量が大きいです。
分子量が大きいと吸収されにくいため、吸収率を高めるために低分子化してあるというのが大きな特徴です。
また、温度に変動があったとしても性質が変わりにくいことも特徴と言えるでしょう。
普通のコラーゲンは加熱したりすると変性しやすいのですが、コラーゲンペプチドは安定しているので効果が得られやすいのです。

 

コラーゲンペプチドのメリット

 

コラーゲンペプチドのメリットは、なんと言っても吸収率が高いということです。
どんなにコラーゲンをたくさん摂取しても、吸収されなければ効果は得られません。
例えば、鳥手羽にはコラーゲンがたっぷり含まれていますが、この状態で摂取しても吸収されるのはほんの僅かです。
そのため鳥手羽を食べ続けても効果はなかなか現れません。
しかし、コラーゲンペプチドならすんなり吸収分解されて、必要な部位に運ばれるため、より早く効果を実感できるのです。
コラーゲン入りの食品をきちんと摂取しているのに効果が実感できない、という方は吸収率に問題があるかもしれません。
ですので、成分をチェックしてコラーゲンペプチドを配合してあるものを選ぶといいですね。