エラスチンとコラーゲンの関係は?サプリで補う理由

肌のハリや弾力を保つには、コラーゲンと同時にエラスチンを摂ることも推奨されています。
スキンケアの情報でもセットで出てくることが多いエラスチンとコラーゲンですが、どのような関係があるのでしょう。

 

エラスチンとコラーゲンの関係

 

エラスチンというのはタンパク質の一種で、コラーゲン同士を結びつける働きをしています。
エラスチンは伸縮性や弾力性があるので、コラーゲンの柔軟性を保つ重要な役割も持っています。
コラーゲンは、エラスチンによって網目状になっている繊維状のタンパク質です。
この網目がしっかり張っていることで肌のハリや弾力が保たれるのですが、エラスチンの機能が低下すると、ジョイントする力が弱まってしまうためコラーゲンもたるみます。
つまりコラーゲンの張りにはエラスチンが大きく関わっていますし、どちらが欠けても肌のハリや弾力は保てないという密接な関係があるのです。

 

サプリで補う理由とは?

 

エラスチンやコラーゲンは線維芽細胞によって生成されるのですが、その量は加齢とともに減少します。
また、線維芽細胞はダメージにも弱いので紫外線を浴びたり、摩擦による刺激、ストレスなどで発生する活性酸素も減少する原因になります。
そのためUVカットをしたり、摩擦の起きないスキンケアが推奨されたり、活性酸素を取り除いた方が良いと言われるのですね。
しかしそれだけで合成量が十分に増えるわけではありませんから、肌のハリや弾力を保つにはサプリで補う必要があるのです。
エラスチンとコラーゲンを食材から摂取しても、美肌や健康のためには不十分なので、サプリでしっかり補っていきましょう。